NY serendipity

職なし・子なしのアメリカ・ニューヨークの駐妻が何かを見つけるまでのお話

ニューヨークの水事情~毎日の飲料水のオススメ~

 以前、ニューヨークのスーパーの配達事情を紹介した。

 

www.newyorkserendipity.site

 

でも、「ニューヨークで専業主婦やってるんだから、わざわざ宅配してもらう必要ないんじゃ・・・」と日本にいたら私でも思う。笑

宅配しなければならないほど、重い物を買う必要があるから。

 

 

 

それは、水。

ということで、本日はお水のご紹介。

 

 

 

ニューヨークの飲料水事情

水道水もすごく浄化されていて、実は軟水。

公式HPでも「水を30秒ほど出しっぱなしにして冷たくなってきたら、飲み頃!」(多分、水道管に滞っていた水を出し切っている)と公表されているほど、安全。

普通に料理に使う分には、何も問題ないし、ニューヨーク市的には、ランニングの後の1杯にどうぞ!!と言っている。

 

しかしながら、ニューヨークの美味しいレストランに行って知ってしまった。

美味しいお水だと、ご飯がさらに美味しく感じることを。

 

ということで、お水を買いだした私。

水道水も場合によっては使うから、浄水器とか定期的な宅配を頼むほどではない。けれど、ペットボトルには1本毎にデポジットがかかって割高なので、一気に買いたい!

そして買い始めたのがPolland Springの2.5ガロン

 

f:id:nyserendipity:20180302112604g:plain

美味しいのももちろんだけれど、この容器がとにかく便利。

 

 

 

 

私がPolland Spring 2.5 ガロンを飲料水としてオススメする理由

①蛇口がついている

 プラスチックの蛇口付のペットボトルなんて、日本では見たことがなかった。

写真の緑部分を前に引っ張ると、水が出て来て、戻すと止まる。これならこぼさないし、衛生上も安心。

水の出が悪い時は、斜めにするか、ボトルの上の部分を押してみると大丈夫。

 

②切ったらゴミ箱に

飲み終わったペットボトルも有効活用。

蛇口部分をクルッとハサミで切ると、ちょうど良い大きさの箱に早変わり。日々の買い物で山ほどたまったホールフーズの紙袋をくるっとかぶせると、ゴミ箱に。

現在は量産されて、各部屋で大活躍している。

f:id:nyserendipity:20171110065213j:plain

このハロウィンの箱も、元は2.5ガロンペットボトル

③切ったらキッチンの棚の引き出しに

嬉しかったのが、この蛇口部分をクルッと切ったボトルがキッチンの棚にジャストフィット!

日本よりキッチンの上の棚の位置が高く、一番下の段でさえ脚立が必要だった。が、しかし、この2.5ガロン引き出しを使えば、一番下の棚も、脚立無しに取れるようになった。

日本食のストックは、インスタント味噌汁や、お茶漬けの素、インスタントカレー、乾物などなど細々としたものが多い。それを種類別に入れられて便利。しかも、元々はゴミになるボトルの再活用というのが、嬉しい。

 f:id:nyserendipity:20180303002625j:image

ちなみに、水の味は、ニューヨーク内で一番見かけるメーカーだけであって、そこそこ良い。アメリカは水道水を浄化して売っているものもあると噂され、しかもたまに美味しくない水のペットボトルも売っているが、この水は、そうじゃない感じがする。

www.newyorkserendipity.site

www.newyorkserendipity.site

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!応援の意味も込めて、下のボタンをぽちっとしていただければ嬉しいです。涙

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村