NY serendipity

職なし・子なしのアメリカ・ニューヨークの駐妻が何かを見つけるまでのお話

ワシントンD.C.観光 大人におすすめ無料スポット&子連れにおすすめ無料スポット

ワシントンD.C.には、スミソニアン博物館をはじめ、タダで入れる美術館がたくさんあり、オススメスポットだらけ!今回は、モデルコースを探している方に、大人向けと子供連れファミリー向けの2種類に分かれてオススメ無料スポットをご紹介。ニューヨークからの週末旅行で何度でも行きたい場所。

 f:id:nyserendipity:20180116125244j:image

 

大人におすすめ無料スポット

美しい建物の中で、あふれる美しい絵画を拝見する雅な時間が過ごせるスポット。さらに、日本語の音声ガイドも無料で使える。(ただし、パスポート以外の身分証明書を預けなければいけないので注意)

もしニューヨークからの週末トリップだと、メトロポリタン美術館よりは小さく感じるが、ラインナップの見ごたえ感はメトロポリタンと同等。

ということで、私のお気に入りを写真でご紹介。

f:id:nyserendipity:20180116121920j:plain

ゴッホの自画像

f:id:nyserendipity:20180116121924j:plain

レオナルドダヴィンチが天才だとわかる絵画

f:id:nyserendipity:20180116121930j:plain

モネの睡蓮

f:id:nyserendipity:20180116121944j:plain

美しすぎるフレデリック・エドウィン・チャーチ

f:id:nyserendipity:20180116121948j:plain

この水しぶきの美しさに惚れた

f:id:nyserendipity:20180116121952j:plain

Winslow Homer


www.nga.gov

 

②ナショナルアーカイブ(米国国立公文書館)

アメリカ人の持っている”アメリカ感”を一番実感できるのが、ナショナルアーカイブ。中は撮影禁止なのが残念だが、アメリカの歴史的な出来事を内部資料と共に振り返ることができる。

f:id:nyserendipity:20180116122008j:plain

入り口はこの階段の左端

英語ができなくて、歴史を知らないとちんぷんかんぷん。英語が少しできて歴史を知らないと、アメリカのイメージが変わって見える。英語がめっちゃできて歴史を知っていると大興奮の場所だ。

英語も歴史も△の私は、アメリカの歴史は短いけれど、短い歴史の中で、様々な国からの移民が一つの国になるために、声を上げて権利を獲得していく国なんだなーと興味がわき、とりあえずワシントンから帰ってきてまずアメリカの歴史が簡単にわかる本を買った。笑

そんなモチベーションを高めてくれる場所だった。

 

一番印象に残ったのは、限定展示のベトナム戦争の展示。

日本でベトナム戦争を語るうえで欠かせない”冷戦”・”枯葉剤”という言葉は一切ない。大統領の変遷とそれぞれの選挙の、ベトナム戦争が長引いたかという角度からベトナム戦争を展示していた。

演説では戦争から歩み寄りに転じる準備をしていると言いながら実は爆撃をしていたり(写真が取れなかったので曖昧)、選挙で勝つためにベトナム戦争を正当化したから、選挙に勝ってからも後にひけなくなったり、選挙が戦争の節目節目に影響を与えていた。

若い女の子がたくさんメモを取りながら見ていたので、アメリカ人にも貴重な場所なんだと思う。

 

The National Archives in Washington, DC | National Archives

 

③National Museum of the American Indian Museum(国立アメリカンインディアン博物館)

アメリカ人が”GO WEST!”といって開拓していった歴史は、アメリカンインディアンが土地を奪われ苦しんでいった歴史でもある。奪った側の論理と奪われた側の論理が並列で書かれている興味深い展示方法で歴史が書かれているミュージアム。

 

f:id:nyserendipity:20180116122027j:plain

考え方や、文化の展示もたくさんあって面白い。日本のイメージだと縄文時代に自然と共に共存していた人々のような感じだなと思った。

 

このアメリカンインディアンの問題が未だに解決していないんだなと思ったのは、2017年の展示が最近追加されているからだ。

 

f:id:nyserendipity:20180116122031j:plain

インディアン居住地の水を奪うパイプラインを相談なしに通そうとすることへの抗議

nmai.si.edu

 

④the United States Holocaust Memorial Museum (ホロコースト記念博物館)

なぜアメリカでホロコースト?とも思ったが、ユダヤ人がたくさん亡命してきたというのもあるのだろう。小さい子供はオススメしない。大人向けのミュージアム。

f:id:nyserendipity:20180116122219j:plain

大人に人気で少し行列していた

迫害されたユダヤ人のパスポートをもらって、タワーオブテラーを思わせるエレベーターに乗って展示は始まる。このパスポートにはそのユダヤ人の生涯が産まれてから殺されるまでが書かれていて、それだけで、これが他人ごとじゃないんだなと実感させられる。(日本人も迫害されてたしね。)

暗い照明の中、比較的細い一方通行の展示を見て回る。ホロコーストがどのように行われていったかだけではなく、アメリカがその時どうしていたかの関わりも学ぶことができる。

怖いけれど、ヘイトスピーチが増えている中で、教養として知っておくべきなのかなと思うミュージアムだった。

 

https://www.ushmm.org/

 

 

 

子供連れ旅行、ファミリー旅行にオススメ無料スポット

子供と一緒に行く時に、旅行準備として絶対に欠かせないのが、ナイトミュージアム2!これを見るだけで、ワシントン観光のモチベーションが上がる。

eiga.com

①National Museum of American History(国立アメリカ歴史博物館)

歴史・・・といってもアメリカのもの何でもかんでもをギュギュっと詰め込んだミュージアム。電車や車の実物大の模型を使った歴史や、アメリカの各都市のイノベーターの体験コーナー、料理グッズの歴史や、アメリカの会社の変遷などなど、3階建てで1回の訪問では全部回りきれない充実ぶりだ。

英語がまったくわからなくても、「なんかアメリカすげー!」と興奮してしまう作りになっている。

 

f:id:nyserendipity:20180116122243j:plain

セサミストリート!

f:id:nyserendipity:20180116122248j:plain

キッチンとアメリカの食事の変遷

Home | National Museum of American History

 

②National Air and Space Museum(国立航空宇宙博物館)

ナイトミュージアム的にも、乗り物好きにもたまらないミュージアム。ワシントンで一番人気で、入館するまでに行列ができていることもあるので、もし行列を避けたい場合は午前中に向かおう。

ナイトミュージアム的にも、乗り物好きにもたまらないミュージアム。ワシントンで一番人気で、入館するまでに行列ができていることもあるので、もし行列を避けたい場合は午前中に向かおう。

f:id:nyserendipity:20180116122305j:plain

飛行機とロケット

f:id:nyserendipity:20180116122309j:plain

ナイトミュージアム2では、魔法にかけられてのジゼルが演じてた


ただ、飛行機の歴史は、戦争の歴史でもあるので、第一次世界大戦や第一次世界大戦のゾーンもある。日本のゼロ戦や軍服、原爆を投下するときの地図も残っていて、「あぁ日本は戦争に負けたんだなぁ」と実感した。

f:id:nyserendipity:20180116122315j:plain

原爆の地図が左端・・・


 

National Air and Space Museum |

  

 

③ホワイトハウス⇒ワシントンメモリアル

ワシントンに来て、行かない人はいないテッパンコース。ホワイトハウスは想像以上に柵からホワイトハウスまでの距離が遠いが、TVでよく見たことある光景だし、建物の上にはスナイパーらしき人の影もあるし、面白い。ちなみに、ホワイトハウス横のギフトショップではトランプ大統領のトランプも売っているので、お土産にぜひ。

f:id:nyserendipity:20180116122333j:plain

f:id:nyserendipity:20180116122338j:plain

f:id:nyserendipity:20180116222906j:plain



 

天気がいい日は、ホワイトハウスからメモリアルまでの散歩も、RPGの中にいるような広々とした土地の使い方をしているので、楽しい。

ちなみに、ワシントンメモリアルとリンカーンメモリアルは池を挟んで向かい合わせ。この距離は歩くと結構な距離があるので、体力とよく相談しよう。

 

④Lincoln Memorial (リンカーン記念堂)

ナイトミュージアム2を見た誰もがウキウキするリンカーン。

鳩が肩に止まってた日には、もうニヤニヤが止まらない。他のミュージアム群とは少し離れているので、UBERで向かうのがオススメ。

 

f:id:nyserendipity:20180116122347j:plain

Lincoln Memorial (U.S. National Park Service)

 

 

おまけ:National Building Museum(国立建築博物館)

もし雨が降って子供の体力が有り余って困っているなら、絶対おすすめなのが、国立建築博物館。

大人は交代で展示も見に行けるし、なにしろこの建築自体一見の価値アリだからだ。展示も最近のアメリカの住宅事情が知れて、興味がわかれるところだが、私は面白かった。

f:id:nyserendipity:20180116122352j:plain

何しろすいていて、だだっ広いので、子供が歩きまわっても安全安心。少し博物館群からは離れているが、子供の休憩場所として利用している人がたくさんいた。 

 

 

ということで、1回じゃ全く見切れない量の展示があるワシントンD.C.。(他にもスパイミュージアムや、ニュージアム、自然史博物館もなど。)桜の時期(3月中旬~後半)だけでなく、寒い冬でも大満足の観光スポットだった。 

 

www.newyorkserendipity.site

 

「LINE@」はじめました!

ブログの更新をいち早くお知らせする、NY Serendipityの公式LINEアカウントができました。

更に、旅行前や転勤前のちょっとした疑問・質問にも個別でお答えしています! 

以下のボタンから皆様のご登録お待ちしています!

Add friend

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!よろしければ、応援の意味も込めて、ぽちっと押してもらえると喜びます!涙

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村