NY serendipity

職なし・子なしのアメリカ・ニューヨークの駐妻が何かを見つけるまでのお話

バンクーバーで夢のような自然体験! 観光1日モデルコース ~カヌーも吊り橋もハイキングも!~

バンクーバーは見どころがたくさんあるけれど、1つ1つが離れているらしい。

レンタカー無し・公共機関のバスや電車を使って、2018年 夏のバンクーバーの自然を日帰りでできるだけ盛り込みたい!

 

行き方も調べたし、せっかく楽しかったので、細かくまとめてみた。春や秋に行く人にも役に立つはずなので、ぜひ。カヤックおすすめ。

f:id:nyserendipity:20180812120212j:plain



 

目的は、THE自然!

拠点は、街の中心地Water Front。

次の日の天気予報を確認して、自然が満喫できそうなら、さぁ準備開始。

 

今回目指すはバンクーバーから行ける大自然。

下調べの結果、バンクーバーの北東にあるDeep Coveのカヌー体験に決定!1日にできるだけ詰め込みたいので、朝1番の9時から2時間のカヤックレンタルをWEB予約。


www.deepcovekayak.com

 

持ち物は、身分証明書(パスポート等)・歩きやすい靴・濡れても乾きやすい服(又は着替え)・日焼け止め・サングラス・帽子・飲み物・お菓子・携帯の防水カバー

 

 

早起きして、Compassカードを買って移動

朝7時すぎにホテルを出発して、Water Front駅へ行き、電車もバスもシーバスも乗れるコンパスカードを手に入れる。

遠出をするので10.25 カナダドルの1day Passをゲット。(1回券も含めて、購入した当日限り有効)

www.translink.ca
駅を出て、ガスタウン側へまっすぐ歩き、Cordova St FS Homer Stのバス停で210番のバスを待つ。

 *このあたりは、ホテルの最寄りの駅でカードを買って、グーグルマップさんに聞けばアレンジが可能。

 

バスに前から入り、カードをかざして乗車したら、Phibbs Exchangeまで向かう。30分ほど揺られて着くこちらは、名前の通り、バスの乗り換え場所。

f:id:nyserendipity:20180812120431j:plain


 

8番乗り場から211又は212のバスに乗り換えよう。終点の目の前には海が広がっていて、カヤックは海のすぐ目の前にあり、8時半ごろに到着だ。

f:id:nyserendipity:20180812120620j:plain

 

*ちなみに、カヤックの受付メールには30分前集合と書かれているが、お店自体が9時少し前から空いていないので、8時半に着く必要はなかった。

 

いざカヤック!

私が申し込んだのは、一番安い2人乗りのカヤックレンタル2時間。受付で、カヤックの習熟度を聞かれ、今日の天候に合わせたオススメのコースを教えてくれる。自ら乗り降りができる人は、公共の桟橋で降りてハイキングやピクニックを楽しむ人もいるらしい。

f:id:nyserendipity:20180812120756j:plain

 

貴重品は受付で預け、他の荷物はざっくり荷物置き場において、ライフジャケットを着て、カヤックに乗り込む。

舵の使い方と、いざという時のカヤックの戻し方だけ教えてもらい、出発!ビックリするほど漕ぎ方についてのレクチャーはないが、レクチャーが欲しい場合は、ツアーが良いということだと思う。

 

そこからは、最高に気持ちいい景色の連続。

朝なので、人も多くなく、日差しも眩しすぎず、テレビや写真でしか見たことのない景色が360度に広がる。

 

f:id:nyserendipity:20180812120829j:plain

f:id:nyserendipity:20180812120923j:plain

f:id:nyserendipity:20180812121003j:plain

初心者にとっては、2時間で筋肉痛になったので、十分なカヤック体験だった。

この時点で11時。ランチを食べたければ、ピザ屋さんやお寿司屋さん(11時半開店)もあった。

 

次の目的地は、リン渓谷(Lyn Canyon)の吊り橋!

Deep Coveにほど近い有名観光スポットで選んだのは、Lyn Canyon。

吊り橋と言えば、キャピラノ吊り橋だけれど、50カナダドル弱もするし、すっかり観光地化されているとのことで、無料で楽しめるリン渓谷を選んでみた。

 

lynncanyon.ca

 

f:id:nyserendipity:20180812121050j:plain

まずは、着いた所の向かいにあるバス停から212番のバスに乗り、Phibbs Exchangeに戻る。そして、227番の小さめのバスに乗り換えて、WB Peter Rd FS Dural Rdへ。

バスの運転手さんも”Suspension Bridge”と声掛けをしてくれる。ここまでで、1時間弱。

 

すぐに見える駐車場を突っ切ると、カフェがあるので、休憩して、作戦会議。

f:id:nyserendipity:20180812121127j:plain

リン渓谷公園は、吊り橋はもちろんだけれど、ハイキングトレイルが充実しているらしい。そこで、吊り橋を渡ってから北上して228番のバスとシーバスを使って帰るコースでハイキングをすることにした。

 

マップはこちらから事前に見ることができる。

 

Lyn Canyonの吊り橋とハイキング

リン渓谷を北上するコースは、サクサク歩いて1時間弱なので、飲み物をカフェで補充していざ出発。

 

まずは、吊り橋。

f:id:nyserendipity:20180812121217j:plain

キャピラノよりは、だいぶ短いが、人混みがすごい。吊り橋効果も期待されない間に終わってしまう。だいぶ高いところに吊られているので、時間を選べば十分楽しめると思う。

 

f:id:nyserendipity:20180812121257j:plain

 

 吊り橋を渡った後は、一気にすいて、ハイキング。

道はきれいに整備されていて、歩きやすい。何より木が高くて、気持ちが良い。伊勢神宮を思い出すような清々しさ。

 

f:id:nyserendipity:20180812121658j:plain

f:id:nyserendipity:20180812121744j:plain

途中に水遊び場があったり、心臓破りか⁉と思う階段があったりするが、森林浴としては最高だった。

 

f:id:nyserendipity:20180812121831j:plain

帰りはシーバスで

リン渓谷のハイキング終わりのPipeline Bridgeを渡って、SB Hoskins Rd FS Dempsey Rdのバス停で228番のバスに乗り込む。このあたりは閑静な住宅が広がっていて、お店は全くない。

 

f:id:nyserendipity:20180812121913j:plain

40分ほどかけて、Lonsdale Quay Bay に到着。ここは、Sea Bus乗り場と直結している。バスと同じCompass Cardで船に乗れるなんて良心的。

 

ということで、船に乗ってWater Frontに帰ってきて、15時半前。

f:id:nyserendipity:20180812231529j:plain

この後、ホテルで休憩してからガスタウン観光もできるし、ディナーもゆっくり楽しむことができる。

f:id:nyserendipity:20180812121953j:plain

 

おまけ キャピラノ吊り橋

リン渓谷と比較して、この日は諦めたキャピラノだったが、やっぱり気になって行ってみた。吊り橋は、本当に長かった。いい大人が無理に揺らしてスピーカー越しにスタッフに注意されていたのが印象的だった。笑

f:id:nyserendipity:20180812122030j:plain
f:id:nyserendipity:20180812121257j:plain
長さの差をおわかりいただけただろうか

 

入場料が高いだけあって、スタッフは多く、行列を並ぶにもしっかり整理され、レストランもお土産屋さんもあった。木の上や岩壁にトレイルを作るなど、お金のかかったアトラクションも。無料のガイドツアーに参加すれば元を取った気分になるのかな!?とも思った。

f:id:nyserendipity:20180812122156j:plain

 

 

www.newyorkserendipity.site
www.newyorkserendipity.site

 

LINEで読者になる↓↓(個別相談受付中♪)

Add friend

 

最後までお読みいただきありがとうございました!よろしければ、こちらもぽちっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村