NY serendipity

職なし・子なしのアメリカ・ニューヨークの駐妻が何かを見つけるまでのお話

時間がない方こそ!メトロポリタン美術館へは、初日の午前中の時間帯に行くのがオススメの理由

ニューヨークはアッパーイーストにある世界最大級の美術館、Metropolitan Museum。20回以上通っても、新しい側面を見せてくれる驚きの場所。

メトロポリタンミュージアムの観光で、荷物の心配もせずに、見どころも満喫できる時間を過ごすには、旅行初日の午前中に行くのが一番良い。そのほかにも事前に知っておきたい情報も含めてまとめてみた。

https://www.metmuseum.org/visit/met-fifth-avenue

f:id:nyserendipity:20180813031710j:plain

 

メトロポリタン美術館、意外と閉まるの早い

日曜~木曜:10時~17時半 / 金曜・土曜:10時~21時 とホームページに記載されている。実際のところ、30分前からスタッフに「もう終わるから出口に向かってね~」と声をかけられまくる。

ニューヨーク観光は見どころが多すぎて、スケジュールより遅れがち。行こうと思ったら「見る時間が1時間しかない!?」と焦る展開が予想されるので、やっぱり早めに行くのが良いと思う。

 

f:id:nyserendipity:20180813031811j:plain

冬なら独特の雰囲気を夕方に味わうこともできるが・・・


ちなみに、朝1番も並ぶので、一番おすすめは、10時半到着。

 

 

チケットは購入してから3日間有効!?

以前は、自分の好きな額を払う形式だったが、現在は、在住者を除き、定額制。

25ドルって高いな~と思う方もいると思うが、実は、これは3日間の値段なのだ。

 

ホームページを見てみても、

一般入場券は大人25ドル、高齢者17 ドル、学生12ドルです。会員、パト ロン、12歳未満のお子様は入場無料 です。一般入場券で、企画展および 連続する3日間 The Met、The Met Breuer、The Met Cloistersをご鑑賞 いただけます。 ニューヨーク州の住民の方およびニ ューヨーク州、ニュージャージー 州、コネチカット州で学ぶ学生の方 の入場料は、任意の金額となってい ます。 推奨入場券 これらの入場券は、チケット売り場 で身分証明書をご提示の上ご購入い ただけます。出来る限りの額をお支 払いいただけますようお願い申し上 げます。推奨入場券には、企画展お よび同日に限り有効の3つのMET美術 館への入場券が含まれています

 

なので、旅行の初日に行けば、見逃した作品を思い出しても、もう一度行くことができる。(もし、観光パスで発券した場合は、1日券と書かれているが、正直発券したシールの見分けはつかない。)

www.newyorkserendipity.site

 

大きい荷物・食べ物・飲み物が持ち込み禁止

キャリーバッグのような大きな荷物は持込ができないし、預かってもくれないので、旅行最終日には不向きな観光スポット。

更には、お土産であっても、食べ物・飲み物(水を除く)の持ち込みが禁止!しかも、こちらも預かってはくれないので、美術館に入るか、せっかく買ったお土産のチョコレートを捨てるかの選択に悩まされることになる・・・。

 

だからこそ、まだ何も買っていないであろう午前中に訪れてほしいなと思うのだ。

 

日本語ツアーは午前中の開始が多い

これはあくまでも傾向なので一概には言えないが、だいたい火曜と木曜の11:15から日本語のハイライトツアーが開催されている。

入り口付近の集合場所に集まるだけで事前予約も不要なので、気軽に参加できる。

 

詳しくは、ホームページをチェック。

https://www.metmuseum.org/events/find-events

 

雨の休日の午後は、なかなかの混雑具合

午前中に行くのをオススメする理由をネガティブな言い方をすると、観光シーズンの休日の午後の混雑がひどい。

バッグチェックを待つために、美術館の外にずらりと行列ができる。このバッグチェック、意外とスイスイ進むので、並んでいても15~20分待ち。

 

f:id:nyserendipity:20180813032405j:plain

奥の木々の真ん中あたりまで続く行列


それだけではない。中の混雑も相当なものだ。

せっかく絵をカメラに撮ることができるのに、有名な絵の2ショットを撮るのは結構大変。エジプトのピラミッドの中を見るにもこの行列。

f:id:nyserendipity:20180813032437j:image 

もちろん、日本の絵画展の混み具合に比べるとましだが、せっかくのメトロポリタン美術館の経験、午前中から訪れて、広いからこそ、ゆったりゆっくり見れる醍醐味を是非味わってほしい。

 

ちなみに、裏技としては、美術館を見て左側 81stストリートのあたりに、車いすやベビーカー用の入り口がある。ここから入場してチケットを発券し、"Gallary"と書かれている方に向かえば、1階のギリシャ展示あたりに入ることができる。

f:id:nyserendipity:20180813032513j:image

 

覚えやすい!おすすめの見どころの巡り方

詳しい話を書いているブログはたくさんあるので、大阪のおばちゃん的なざっくりとした巡り方をお伝えしてみる。

 

まず、真ん中の階段をガーっと登って、左に曲がって、まっすぐ行って、突き当たった部屋へ。すると、なんとなく知っている絵ばっかり(印象派)の部屋に着く。

 

このあたりは有名どころばかりだから、つながってる部屋をグルグルして、見つからなかったら、スーツを着ているスタッフさんに聞く。ガイドブックを見せるのが一番早いが、持っていなければ、日本語と英語で名前の読みがちがうので注意して聞いてみよう。

ゴッホの自画像→van Gogh「ヴァンゴッ

モネの睡蓮→ Claude Monet "Water Lilies" 「クラウドゥ モネェ」

ルノワール→Renoir 「ゥレノワー

ドガのバレリーナ→Degas 「デェガァ」 

 

f:id:nyserendipity:20180813034322j:plain

入り口正面の大きな階段

先ほどの大きな階段の前まで戻って、正面の大きい扉を入り、左奥に向かって、突き当りを右に行ったら、フェルメール。

 

近くから下に降りて、1階は、とにかく1周して雰囲気を楽しむ。

(ピラミッドにアメリカにギリシャ彫刻に1万歩歩いても苦にならない充実ぶり)

f:id:nyserendipity:20180813032540j:plain

f:id:nyserendipity:20180813031948j:plain

圧倒される展示ばかりなので、ぜひ1周。


お土産は、売り場によってラインナップが違うので、もし見つけたら、ざっとでも見ておくと後悔が少ない。一番大きいのは、1階の入り口の大きな階段の両脇にある。

 

予習してから行きたい方におすすめ!!

ガイドブックよりもう少し詳しく予習したい人は、メトロポリタン美術館の公式ホームページがオススメ。

まず、見たい作品・作家名を入力さえすれば、番号を教えてくれるMAP。

maps.metmuseum.org

 

次に、子供用に見どころを全て1枚の絵にまとめてくれている#Met Kids。

この絵、大体美術館の場所に沿って描かれているし、〇をクリックすると、その作品の詳細情報まで出て来て、好奇心がそそられる仕様になっている。

英語も簡単なので、子供だけでなく、大人もずっと見て居られる。行った後の復習としても最適。

https://www.metmuseum.org/art/online-features/metkids/explore/

f:id:nyserendipity:20180813031034p:plain

画像はイメージです。

 

メトロポリタン美術館の行く前と後にも午前中の都合が良い

まずは、行く前。天気が良ければ朝の気持ちい光を浴びてセントラルパークをお散歩することができる。

www.newyorkserendipity.site

更に終わってからバスを使えば、自然史博物館まで行くことも、MoMaに行くこともできる。

www.newyorkserendipity.site

女子旅だったら、クーパーヒューイットもオススメ。

www.newyorkserendipity.site

最寄り駅86THの近くには、ランチスポットもたくさん。 

www.newyorkserendipity.site

 

LINEで読者になる↓↓(個別相談受付中♪)

Add friend
最後までお読みいただきありがとうございました!よろしければ、こちらもぽちっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村