NY serendipity

職なし・子なしのアメリカ・ニューヨークの駐妻が何かを見つけるまでのお話

ニューヨークで財布を落としたお話

「日本は財布落としても戻ってくるから治安良いよね~」とはよく聞く話。

アメリカの大都会、ニューヨークで財布が無くなったら、盗難でも紛失でも二度と帰ってこないと思っていた。

f:id:nyserendipity:20181212151704j:image

 

私のお財布事情

ニューヨークで外出するときに必要な物は、MTAカード(地下鉄・バス)、クレジットカード、NY non drivers ライセンス(セキュリティチェックのために使う身分証明)、鍵、携帯電話。

 

現金を使うことは、めったになく、現金オンリーのラーメン屋さんやホットドック屋さんに行くときくらい。一度だけランチに行ったお店のキャッシャーが壊れてクレジットカード精算ができなくなったこともあるけど、ほとんどのお店がクレジットカードで問題ない。なので、コインケースを持っていくこともあるが、中身は何の足しにもならないような金額しか入っていない。

 

ということで、ニューヨークでの私の財布=カードケースになる。

 

 

 

当時の状況

ある氷点下の小雨が降る冬の夕方、所用を済ませたミッドタウン。

バスで帰ろうとバス停に向かう道すがら、カバンから「カードケース、ちゃんと持ってるよね」と確認しながら取り出して、ダウンのポケットに入れて、横断歩道を渡ってバス停へ。

まだ5分以上時間があったので、近くのビルの軒下で、数人雨宿りしている人がいたので、雨宿りスポットと認識して、同じように雨宿り。

さて、バスに乗ろうと、ポケットに手を入れた時に気づく。あれ・・・カードケースが無い・・・。

 

歩きながらカードケースの所在を確認したのは、勘違いだったのかと元の道を戻り、落とし物の確認をしても見つからない。ポケットに入れる時に落としたのか盗られたのか、雨宿りで突っ立っていて、ポケットに手を入れられても気づかないことがあるのかと、モヤモヤしながら、携帯でUberを呼んで帰宅。

お金の手持ちがなくても、家に帰れる、ウーバー最高。

 

落としたことへの対策

まずは、クレジットカードと銀行のカードの停止。こちらは、携帯のアプリでさくっと一瞬で完了。(便利!!!)

身分証明書を無効にする方法はないらしく、再発行はめんどくさそうだったので、「とりあえずパスポートで生きていけるか」と諦める。

40ドルチャージしたばかりのMTAカードと、大のお気に入りのカードケースを失ってしまったことに悲嘆にくれていると、なぜか夫から「あったよ!」とのメッセージ・・・。

 

警察へ取りに行こう

Non Drivers lisenceの緊急連絡先である夫に、警察から電話。

「カードケース預かってるよ~。もうすぐ帰るけど、いつ取りにこれそう?」

「もちろん今すぐ向かいます・・・!」ということで、再びUberに乗って急いで警察へ。

 

なんと預かってくれていた最寄りの交番は地下鉄のコロンバスサークル駅の構内。

そういえば、ニューヨークでパトカーも警官もたくさん見かけるけれど、交番を見かけない。乗り入れ路線も多い地下鉄の駅の中にあると、出動しやすいから便利なのかな。

 

地下鉄の入り口で「警察に行くから入れてくれ~」と言って、タダで入って交番に行って、ドアを開けてくれた警官に事情を説明。

それを聞いていた窓口の警官が私のカードケースをひらひら振ってる!!!

結局、ドアを開けてくれた警官さんが何やらメモに書いて、そこにサインをして終了。

 

私の身分証明書の確認も、どこで拾ったかの説明もなし。

 

ただ40ドルチャージされた地下鉄のカードも無事!カードケースもきれい!!

 

横断歩道の交通整理をしていた女性警官がいたので、おそらく彼女がなんらか関わってくれたのかなと思う。そして、盗難ではなく、ただポケットに入れそびれて落としたんだと思う。(なんという不注意!)

 

色々あってから、どこもかしこもパトカーが走り、警官がたくさんいるマンハッタン。

まさか財布が返ってくるほどに治安が良いとは思わなかった。

(もちろん夜道などで危うく財布をすられそうになって、それを目撃した別のお兄さんに注意された友人もいるし、軽犯罪も色々あるんだと思う。)

お気に入りのカードケースをもう失いたくないので、歩きながらカバンは開けない!物の出し入れは落ち着いて立ち止まってする!を心がけようと思う・・・。

 

 

www.newyorkserendipity.site

 

 

www.newyorkserendipity.site

 

 

LINEから読者登録をする↓↓(個別相談受付中♪)

Add friend

 

最後までお読みいただきありがとうございました!よろしければ、こちらもぽちっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村