NY serendipity

職なし・子なしのアメリカ・ニューヨークの駐妻が何かを見つけるまでのお話

ニューヨークは過ごしやすい!日本に帰国してから気づいたこと

赤子を産んで、1ヶ月で日本に帰り、引っ越し、授乳、睡眠、荷ほどき、授乳、睡眠、片付け、授乳、睡眠、予防接種、授乳、睡眠、授乳、睡眠、授乳、睡眠…

 

ということで、大変ご無沙汰しております。

 

皆様の旅行や海外生活は順調でしょうか?お元気ですか?

 

おかげさまで、ニューヨークからの帰国しました。その後編をいくつか書いて、このブログのラストとしたいと思います。

 

よろしければお付き合いください。

  

ということで、初回は、ニューヨークに住んでわかった「ここが違うぞ!日本!」編!

 

湿気がすべての手間を増やしている!?

家族が一人増えたからか、引っ越しして慣れていないからかと思ったが、そうではない。

ニューヨークより日本の方が細かい家事が多い!

日本で専業主婦が定着して、ニューヨークは共働きで定期的なハウスキーピングを頼むような生活の人が多いのも納得してしまうほど、なんだか細かい家事の量が全然違う。

 

例えば・・・。

浴室は、ニューヨークは風呂おけをサラリと流すだけでOKだったのに、日本は赤カビを予防するために、床から排水溝から風呂おけから毎日掃除しないとすぐにエライことになる。

部屋も日本のほうがほこりがたまる。本当になぜ?

生ごみとプラスチックを分けるのもそうだが、アメリカよりだいぶ小さいペットボトルを開けて、すすいで、プラスチック取って、仕分けして・・・

ありがたいことにお祝いを頂くことがあったのだが、紙袋!紙袋!紙の包装紙!紙の箱!プラスチック!個包装!!と、あっという間にゴミ袋がいっぱいに・・・

 

湿気?湿気なのか・・・!?

 

湿気で物が痛みやすいし、カビや雑菌が繁殖しやすいからこうなるのか・・・!?

 

ちょうど梅雨時期に帰ったこともあり、日本の梅雨のジメジメ具合に衝撃を受けた。

ニューヨークでは、全然感じなかったけれど、日本の湿気・・・恐るべし!!

 

 

食品添加物の味がわかる!?

ニューヨークにいる時、日本のテレビなどで見るコンビニスイーツがとにかく美味しく見えて、ウキウキで帰国後食べたコンビニスイーツ。

なぜか、一口目が絶望的に美味しく感じない・・・。 今は美味しく感じるけれど、あんなに楽しみに食べたのに。

 

私が推察するに、ニューヨークは日本に比べて食品添加物が少ない。

 

日本のようなコンビニスイーツはなく、甘いものと言えば、ケーキ屋さんのカップケーキやチーズケーキ、スーパーのドーナツ、レストランのパンケーキ、アイスクリーム屋さんのアイス、果物。

f:id:nyserendipity:20191004131934j:image

甘いものは、ひたすらに甘ーーいけれど、長いこと保存する想定で作られていない。

なので、たぶん食品添加物と出会う機会が少なくて、舌がビックリしたのだと思う。

日本の色々考えられたジュースも美味しいけれど、ニューヨークの大容量で100%のジュースが恋しい今日この頃。

 

保存する前提で作らなきゃいけないのも、食べ残し持ち帰り不可のレストランも、やっぱり湿気か!?雑菌が繁殖しやすい湿気の問題なのか!?

 

咄嗟の一言が違う!?

面白いなと思ったのが、とっさのひとこと。

例えばエレベーターでボタンを押してもらったとか、優しくしてもらったり、ご迷惑をかけた時、

ニューヨークの時は、なんでもかんでも”Thank you”だった。

日本は、なんでもかんでも”すみません”だった。

 

口癖の問題で思っていることは同じだと思うけれども、地域柄が出るなーと思った。

これも湿気・・・ではないか。

 

ニューヨークをガッツリ生き抜いている人たちは大変に違いないけれど、サラサラっと表面上で生きるなら、ニューヨークの相手のことは相手のこととして関与しないし気にしないおおらかな感じは過ごしやすい。

ラフなTシャツとジーンズでも、紫の口紅でかっこよく決めても、どっちもいい。

 

公園の芝生と虫問題!?

ニューヨーク生活で一番楽しみにしていて、行ってからも通い詰めていたセントラルパーク。今も、ふとした瞬間に思い出すほど、最高な芝生。

セントラルパークシックになったので、せめて気分だけでもと、芝生にお散歩に行こうと近所を検索したが、芝生・・・ない。

 

考えれば、山の多い島国ニッポンにわざわざ海外由来の芝生なんて敷かないのだろうが、きれいな芝生でゴロゴロしたい。

 

そしてニッポン。芝生があったとしても、横たわる蚊に刺される問題。

f:id:nyserendipity:20191004131652j:image

セントラルパークで蚊に一度も遭遇しなかったのは、大量の寄付と公費で培われている大量の公園スタッフとボランティアと馬によって、掃除がピカピカにされているからだろう。

「このベンチ汚いから、やめとこ」なんて思ったことがない。

観光資源として使えるからか、国民性で、公園維持費が集まる特殊な例なのだろうな。

他の地域の公園は寄付が集まらずに草ぼうぼうで閉鎖されている所もあったし。

 

と、ニューヨークの恋しさを綴ってみたけれど、やっぱり故郷のニッポン。

お魚美味しい、お野菜美味しい、お米美味しい、エレベーター綺麗。

ということで、元気に暮らしております。

 

ニューヨーク感満載のⅬINEスタンプ好評発売中

①ニューヨークスタンプ(英語Ver.)

line.me

 

②ニューヨークスタンプ(食べ物Ver.)


line.me

最後までお読みいただきありがとうございました!よろしければ、こちらもぽちっと。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村