NY serendipity

職なし・子なしのアメリカ・ニューヨークの駐妻が何かを見つけるまでのお話

ニューヨークの生活必需品~引っ越し後のセットアップ、どこで何を買うのがオススメか~

海外で住んだことのない人にとって、駐在や留学でアメリカに来た時に困るのが、日本で当たり前に買っていたものを、どこで買うべきかということ。さらに、日本から持っていくべきものを選択する上でも、アメリカでどれくらいの質の物が売られているか気になるところ。

 

今回は、私が引っ越し直後にこうやって買い揃えればよかったな~をまとめてみた。

先に言っておくと、買う場所はAmazonなので、ニューヨークだけでなく、アメリカ全般に通用するはず。さらに言っておくと、Amazonのリンクを貼っているが、Amazonのアフェリエイトをしていないので、特に利益にはならない。笑

ひたすらに商品紹介が続くので、これからアメリカに来る方なら、アメリカのアマゾンアカウントをとりあえず作ってから、ほしい物リストに入れつつ読み進めていただければ・・・。

 

f:id:nyserendipity:20180212141727j:plain


 

 

どこで買うべきか⇒初めの1か月はAmazon Prime USAで爆買い

引っ越ししたては、無いものだらけなのに、どこで買えばいいかよくわからない。買った大量のものをどう持って帰っていいかわからない。これが高いか安いかもよくわからない。

それを全て解決してくれるのがAmazon Primeで使えるAmazon Pantryだ。

Amazon Primeは初月無料なので、この1か月で買いだめすることをおすすめする。

 

理由①無料で箱いっぱいに詰めて家まで届けてくれる

Pantryの商品を選択すれば、箱が100%になるまで生活用品を詰めることができる。さらに、指定の種類から5つの商品を選べば、6ドルの配送料が無料になる。正直、ないもの尽くしの引っ越し直後で、この5つの商品が選べないことはない。だからこそ、買いだめするぞという心意気が大切。

 

理由②薬局より安いことも多い

衣服用洗剤をはじめ、いくつか実店舗と比較してみたが、ニューヨークの場合はアマゾンの方が安い。安くないのは飲み物くらいな気がする。

 

無ければBed Bath& Beyondと薬局を駆使

自分の目で確かめたいもの、種類を比較したい場合は、上記2種類に行けば大抵見つかる。そして、Amazon Primeをやめてしまった後に買いに行くのは、スーパーと薬局が多い。

 

 

 

 

オススメ生活必需品

床掃除には

掃除機を買うかどうか、どんな掃除機を買うかは、すぐには決められない。まずは、クイックルワイパー的なものが良いなと思ったあなたにおすすめするのが、Swiffer

a.co

 

テレビ台等をふく用の手持ちタイプもある。

a.co

 

我が家は結局掃除機は買わず、1日1~2枚このSwifferを使って掃除している。リフィルの箱もたくさん備蓄している。

 

キッチンの食器洗いは

手へのダメージを考えると、食器洗い洗剤は少し高いものを選んだ方が良い。スーパーのニューヨーカーのおばさま達を観察して、最も買われていた商品を選択。

ということで、普通のディッシュウォッシュはMrs.Meyer'sを使っている。このブランドはハンドソープも売っていて、こちらの人気もそこそこ高い。

面倒がって、手袋をつけずに洗っているが、このメーカーはまだ手荒れしていない。(安い洗剤を買った時は結構手荒れした・・・)

a.co

アメリカでは標準装備の食洗器の洗剤はこちら。安いものだと、独特のにおいがするものもあるので、においの無いものを選んで使っている。

a.co

食器洗いスポンジは

実は、食器洗いの柔らかいスポンジは日本製が素晴らしい。網に入ったスポンジは日本から持ってくるか、日本食スーパーでゲットすべし。

ガスコンロの場合、とにかく焦げ付きがひどいので、薬局かスーパーで茶色の小さいたわしみたいなものをゲットしておくとお皿洗いが劇的に楽になる。

 

高い紙類(トイレットペーパーもティッシュもキッチンペーパーも!)

ニューヨークに来て驚いたのは、紙類が日本より高いこと。ティッシュペーパーなどは、スーパーによっては、小さな1箱単位で売られていることもある。

そんな中でもコスパが良いのが、キッチンペーパー!なので、使えるところはティッシュよりもキッチンペーパーを活用している。

 

キッチンペーパーはBounty。種類によって厚みにばらつき有。

a.co

 

ティッシュはKleenex。今のところ日本と質は同じ。鼻セレブ的なのは、見つからず。

a.co

 

トイレットペーパーは好みがわかれるところだが、ふわふわで、少量でも満足感のあるトイレットペーパーはCottonelle

a.co

 

万能すぎてリピート買い!の掃除用ウェットティッシュは、Seventh Generation。机ふきから、洗面所の掃除、コンロの掃除、トイレの便座拭きまで、何でも使っている。変な匂いも無し。

a.co

服の洗剤と柔軟剤は

私はDOWNY系のいい匂いがあまり好きではないので、洗浄の実力とコスパを重視して、定番商品のTideとBounceを使っている。

Tideは1回分がパックになっているタイプもあるが、感覚的に”意外とすぐに無くなってしまった”感があったので、液体を使うことにした。共同ランドリーまで行くのに少し重いが、結構みんな液体を使っているので、気にしないことにした。

 

a.co

 

a.co

  

 

トイレ掃除・お風呂掃除

実は、トイレ掃除とお風呂掃除は現在も色々試して模索中だ。

トイレのはどれも同じような気持ちになっているが、現在使っているのはこれ。

a.co

トイレブラシに関しては、Bed Bath& Beyondで買ったが、少し高かったので、MUJIで買えばよかった。(MUJI最高。)

 

お風呂掃除については、お風呂をためる習慣がないからか種類がそんなに多くない。

現在は、スプレーしたうえでキッチンペーパーや万能ウェットティッシュで気になる所をふいている。

もう少し強力な洗剤もあるが、においが強烈で時々しか使わない。。

a.co

 

意外な必需品2選

それは、トイレのスッポンと脚立。

マンハッタンは築年数がすごいマンションも多いので、トイレが詰まることも・・・。このスッポンだけは、ホームデポにしかなかったので注意が必要。(日本語ではラバーカップという場合もあるらしいが、英語ではplunger

 また、背の高い人が多いからなのか、天井までの収納も多い。脚立はCOSCOかBed Bath& Beyondで購入しよう。

 

最後に気になるラップ事情

 海外駐在経験者から、よく「サランラップは世界一!」という話を聞くので、大量にサランラップを持ってきた。(ニューヨークで買うと高いし)

アメリカの人たちは、比較的アルミホイルを多用するからラップの質が高くなりにくいんだということがわかってきて、私もアルミホイルをよく使うようにしている。

レンジやおにぎりを作るときには、ラップが欲しいので、購入したのがGlad Cling Wrap

程よいフィット感で誤ってラップ同士がくっついてしまってもキュッと引っ張ると広がる。さらに、ラップの端がどこかに行かないようにくっつけるところもついている優れもの。サランラップLOVERも一度試してみてもいいんじゃないかなと思う。今のところ、レンジしても溶けたりしないし。笑

a.co

 

ということで、数か月も経てばアメリカ商品にすっかりなじんできた。

どうしても日本製が欲しい場合は、日本食スーパーに行けばなんとかなる!

 

www.newyorkserendipity.site

 

~~~~

 

www.newyorkserendipity.site

 

 

www.newyorkserendipity.site

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!応援の意味も込めて、下のボタンをぽちっとしていただければ嬉しいです。涙

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村